雷鳥写真家 高橋広平氏 雷鳥写真集を東信各市町村に贈呈

2019年11月21日、雷鳥写真家の高橋広平氏は、自身のライチョウ写真集「雷鳥~Messenger from God, who wearing scenery~」を、長野県東信地方の各小中学校に寄贈したいと、東御市、長和町、青木村、上田市に贈呈しました。(映像は東御市・東御市教育委員会)高橋さんは東御市教育員会を訪れ、小山 隆文教育長に「小中学生に、自然環境への理解を 深めていってもらえればという想いから今回の計画に至りました。」と、ライチョウ写真集の目録を贈呈しました。

 

11月30日からは、東御市文化会館で高橋広平写真展『神の鳥・雷鳥のいま』 同時展示「氷の蝶 ミヤマシロチョウ」が開催される予定です。