Primavera-オペラ《カルメン》より名場面、日本の名歌 響く春へ誘う温かな歌声 開催日: 本公演は新型コロナウイルス拡散防止に伴い
開催延期となりました。

【開催延期】

本コンサートは、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い「開催延期」とさせて頂きます。
公演を楽しみにして頂いておりました皆様には大変ご迷惑をお掛けします事をお詫び申し上げます。

 

 

【開催延期候補日 2020年10月3日(土) 】

開催候補日 2020年10月3日(土)
※状況により変更する場合がございます。
尚、開催日、開演時間など決定した事項は随時当館ホームページ等で告知を行って参ります。

 

 

【チケットについて】

ご購入済のチケットは、そのまま有効です。
尚、ご希望の方にはチケットの払い戻しを行います。(2020年3月31日まで)東御市文化会館窓口へお越しください。

チケット取り扱い 東御市文化会館 窓口 0268-62-3700
チケットWEB販売(座席指定不可)http://xfun.ocnk.net/
各プレイガイドでチケットの販売等のお取り扱いはございません。
本公演に関するお問合せ 東御市文化会館 0268-62-3700

 

 

~プリマベーラの由来~
《Primavera》イタリア語でそれは《春》を示します。四季の一番初めの季節でもある《春》に私達は集い第一声を奏でました。《Primavera》にはもうひとつ意味があります。《希望に満ちた初期》音楽は時に人の心を和ませ、癒し、勇気づけてくれます。《プリマベーラ》には、私たちも《初心》を忘れることなく音楽を愛し、希望を持って大好きな歌を通して人との出会いを大切にハーモニーを奏でていきたいという想いを込めています。


~プリマベーラのあゆみ~
声には様々な声部があり、それぞれに個性がある。イタリアの「ベルカント唱法」を学んだソプラノ、メゾソプラノ、テノール、バリトン4人の歌手と、繊細な音色からオーケストラまで巧みに奏でるピアニストによるアンサンブルで、素晴らしいハーモニーをお届けしたいと集結した「Primavera」第1部では、日本歌曲、唱歌、抒情歌、合唱曲、世界の名曲まで幅広い作品を取り上げ、第2部では、オペラの魅力を身近に楽しんで頂こうと名作を分かりやすくお伝えする贅沢なコンサート。華やかに、力強く、甘美で、情熱的に、心に響く歌声をお楽しみください!


【プロフィール】

ソプラノ:白石 佐和子

ソプラノ:白石 佐和子

武蔵野音楽大学附属高校及び同大学声楽科卒業。同大学大学院修了。
オペラでは《魔笛》《ラ・ボエーム》《カルメン》《ヘンゼルとグレーテル》等、主要キャストとして多数出演。また、オーケストラとの共演、「レクイエム」「ミサ」のソリスト、ディナーショー、病院でのロビーコンサート等幅広く活躍。2006年よりフォレスタに10年に亘り所属し、BS日テレ「BS日本こころの歌」に出演。近年はCKD(慢性腎臓病)啓発活動に関わる。CD「にほんのうた~花の街」「霧と一緒に」をリリース。二期会会員。

メゾソプラノ:実川 裕紀

メゾソプラノ:実川 裕紀

国立音楽大学声楽専修卒業。二期会オペラ研修所第56期マスタークラス修了、優秀賞。第12回日本アンサンブルコンクール重唱部門優秀演奏者賞・全音楽譜出版社賞。第18回日仏声楽コンクール入選。第四回サンハートアンサンブルオーディション最優秀賞。様々なオペラに主要キャストや端役等で出演。またモーツァルト戴冠ミサ、ベートーヴェン第九にてアルトソロ出演。BS-TBS「日本名曲アルバム」出演。東京室内歌劇場会員。二期会会員。

テノール:澤﨑  一了

テノール:澤﨑  一了

国立音楽大学声楽学科卒業。第53回日伊声楽コンコルソ第二位ならびに五十嵐喜芳賞受賞。第2回ヴィットーリオ・テッラノーヴァ国際声楽コンコルソ第一位受賞。2016年藤原歌劇団公演「トスカ」のスポレッタ役で藤原歌劇団デビュー。「道化師」ペッペ役「椿姫」アルフレード役でも好評を得る。2015年ビトント市立劇場「蝶々夫人」ピンカートンにてイタリア・デビュー。その他、上皇陛下天皇御即位二十年奉祝曲「太陽の国」を歌う等多岐に渡り活躍をしている。藤原歌劇団団員。

バリトン:村松 恒矢

バリトン:村松 恒矢

国立音楽大学卒業、同大学大学院修了。新国立劇場オペラ研修所修了後、文化庁新進芸術家海外研修生としてイタリア・ローマで研鑽を積む。2017年歌劇「ミスター・シンデレラ」にて日本オペラ協会公演デビュー。「ドン・ジョヴァンニ」タイトルロール、「魔笛」パパゲーノ、「愛の妙薬」ベルコーレ、「ラ・ボエーム」ショナール、「てかがみ」杉本監督など他多数のオペラに出演している。藤原歌劇団団員、日本オペラ協会会員。

ピアノ:瀧田 亮子

ピアノ:瀧田 亮子

埼玉県出身。幼少よりピアノ、室内楽、音楽理論を学ぶ。11歳の時、日本マレーシアの親善大使として、クアラルンプールにてモーツァルトのピアノ協奏曲を演奏する。武蔵野音楽大学卒業。読売新人演奏会に出演。大学在学中より共演ピアニストとして活動。これまで、エレナ・オブラスツォワを始めとする国内外の歌手や楽器奏者と数多く共演する。ピアノを桑原淑子、岩野裕幸、山崎洋子の各氏に師事。藤原歌劇団団員。信州国際音楽村5月オペラ音楽監督。

主催:東御市文化会館 / Primaveraコンサートを成功させる会
後援:小県医師会 / 上田市医師会 / 上田薬剤師会 / 東御市文化協会
週刊上田新聞社 / 週刊さくだいら /東信ジャーナル社 / 信州民報社