東御市文化会館 利用ガイドライン 令和2年9月30日 改定

1. 令和2年10月1日から、長野県新型コロナウィルス感染症対応方針の改定及び、新型インフルエンザ等特別措置法に基づき、全施設100%の定員にて利用申請を受付します(利用条件を満たした場合のみ)
● 施設定員100% 利用条件
 ≪ホール≫
・大声での歓声・声援などが無い事が想定される催物、イベントなど。(クラシック音楽コンサート、演劇、歌舞伎、式典、舞踊など)
・表現上困難な場合を除き、全参加者のマスクの着用を義務付けて頂ける場合。
・その他、別に定める東御市文化会館ホール利用ガイドラインに沿った利用を行って頂ける場合。
≪施設・付帯施設≫
・喫茶室、各会議室を利用される際は、飛沫防止ボードを必ず利用して頂ける場合。
・換気を徹底し、大声での会話などは控えて頂ける場合。
・全参加者のマスクの着用を義務付けて頂ける場合。
・人と人との最低限の距離は確保し、密な空間を作らない様努めて頂ける場合。
・その他、東御市文化会館が定める利用ガイドラインに沿った利用を行って頂ける場合。 ※上記利用条件を満たさない場合は、施設定員は50%とさせて頂きます。(東御市文化会館判断による)

2. 会館事務所では以下の対応を行います
・丸山晩霞記念館来館者への検温、利用者カードの記入(受付不在時)。(保健所や国、地方自治体から要請のある場合に提出させて頂きます)
・丸山晩霞記念館の入場料・図録・ハガキ等物販代金の清算(受付不在時)。
・施設利用者が作成した利用者名簿の確認。

3.利用にあたってのお願い
・入館の際には、設置している消毒液での手指の消毒を行って下さい。
・入館の際には、必ずマスクの着用をお願いします。
・入館の際には、設置している非接触型体温計にて検温をお願いします。
・軽度であっても咳がある方、喉に痛みのある方、体温37.5℃以上ある方、風邪の症状のある方などのご入館はご遠慮下さい。
・会場責任者(主催者)は、必ず会館事務所を経由し所定の手続きを行って下さい。
・会場責任者(主催者)は、参加者全員の名簿作成及び検温確認をお願いします。
・万一、感染者が発生した場合は、保健所等の公的機関による調査などにご協力頂くとともに、作成・保存された名簿を必要に応じて提供する事についてご了承下さい。
・会場責任者(主催者)は、施設利用に係るチェックリストのご提出をお願いします。
・利用者は、施設利用後に利用施設の消毒、清掃をお願いします。
・人と人との距離を最低限確保して下さい。
・ホール利用の規定は別に定めてあります。

4. 付帯事項
・職員はマスクを着用しておりますので、ご了承下さい。
・受付カウンターは飛沫防止のためのシールドを設けてありますのでご了承下さい。
・ドアノブ、手すり、トイレなど定期的な清掃、消毒を行っております。
・状況の変化により、ガイドラインを変更する場合があります。 詳細はホームページなどでご確認下さい。
・ガイドラインに沿ったご利用を頂けない場合はご利用をご遠慮頂く事もございます。


ホール利用ガイドライン