SUNTERRACE JAZZ FESTIVAL 2019 開催日: 2019年5月19日(日曜日)
開場:12:00 開演:13:00
5/17:後藤雅洋ジャズトーク
5/18上田ホット倶楽部ライブ


今年のジャズフェスティバルの日程が決定しました!

SUNTERRACE JAZZ FESTIVAL 2019
出 演  BLU-SWING
  J.J.Soul
  The Flood feat.汐入規予
  BREEZE
  TNS ジャズ・オーケストラ+堀内実智代

日時:2019年5月19日(日曜日) 開場:12:00 開演:13:00

場所:東御市文化会館サンテラスホール
料金:全席自由 前売¥1,500 当日¥2,000 学生¥500 ※中学生以下無料  

チケット発売日: 2019年3月1日(金曜日)

*プレイガイド* ネット販売:
http://xfun.ocnk.net/
東御市文化会館(0268-62-3700)
ながこしカメラ(0268-63-6978)
グリーンブックス・タカギ(0268-64-4001)
お菓子処花岡 田中本店(0268-62-0236)
平安堂 上田店(0268-22-4545)
ヒオキ楽器 佐久平店(0267-68-7703)

 

 

BLU-SWING

BLU-SWINGはサウンドクリエーター、ボーカリスト、プレイヤーを含む5人組のバンドである。 2008年にアルバム「Revision」でメジャーデビュー。このアルバムは主要レコード店においてクラブチャート1位、Jポップチャート3位を記録。国内外問わずライブアルバム、プロデュースワーク等、複数の作品をリリース。インドネシアやベトナムをはじめアジアでのジャパンフェスティバルへの出演やロンドン・ロイヤル・オペラハウスのコンサートマスター“ヴァスコ・ヴァッシレフ”のバックバンドを務めるなど国際的な活動でも知られている。 デビュー10周年を迎え新曲2曲を含めこれまでの軌跡をたどったベスト盤「BLU-SWING BEST」を2019年5月リリース

 

J.J.Soul

2015年5月結成。本田竹広氏・富樫雅彦氏らの音楽に感銘を受け、日本人ならではのJazzを追究するためにリーダー永武幹子が結成したピアノトリオ。歌心溢れるプレイと推進力のあるグルーヴが好評を得、主に都内を中心に精力的に活動する。

 

The Flood feat.汐入規予

長野県出身メンバーにより2017年結成。長野県内外で活躍する中堅ミュージシャンにより結成。スピーディかつタイト、スリリングなアンサンブルにジャズの自由さ。それぞれが様々なフィールドで培った経験をもとに他のバンドとは一味違ったアンサンブルを奏でる。 今回はスペシャルゲストとしてFM長野でもお馴染みの汐入規予さんをボーカルに迎える。

丸山彰一(Gt) 上野悠 (Sax) 湯本真紀也(Tp) 飯島和也(Key) 鈴木徳章(Ba) 山田和矢(Dr) スペシャルゲスト 汐入規予 (Vo)

 

BREEZE

混声のボーカルカルテット。1993年、ジャズシンガー後藤芳子の門下生で結成し活動をスタート。グループ名の「BREEZE」はイラストレーターの和田誠氏にいただいたもの。レパートリーはジャズのスタンダードナンバーを中心に、ポップス、ミュージカル・映画音楽、日本の楽曲までと幅広い。スキャットや広い音域を活かしたアレンジによるスウィング感あふれるハーモニーと親しみやすいステージで好評を得ている。コンサートや各地のジャズフェスティバル、テレビやラジオの音楽番組、ジャズクラブでの活動やスタジオワークの他、学校コンサートやコーラス・ワークショップも全国各地で開催しジャズコーラスの普及にも取り組んでいる。 また、1994年の中国西安公演を皮切りに、ロサンゼルス、ハワイ、サンフランシスコ、韓国、オランダなどの海外公演も数多く、オランダのブレダ・ジャズフェスティバルではオープニングアクトやスペシャルコンサートでトリを務め大好評を得る。2007年には来日できなくなったアニー・ロスの代役で日本人として初めて富士通コンコード・ジャズフェスティバルに出演。そのときに共演したバド・シャンク・オールスターズのメンバー、バド・シャンク、ウォーレン・バシェ、ハリー・アレンらから高い評価を受け、2014年にはジャズドラマーとしては世界トップクラスのジェフ・ハミルトンのトリオ、テナーサックスのハリー・アレンらとレコーディングし、『STANDARD SONGS』BREEZE and Jeff Hamilton trio,special guest Harry Allen をリリース。他にも韓国の国民的歌手キム・サンヒがベニー・グッドマン・オーケストラと共演したアルバムにバックコーラスとして参加。これらの作品の好評価から更に2016年6月にニッキ・パロットのカルテット、ハリー・アレンとのレコーディングが実現。10月に『WORLD BOSSA』BREEZE and Nicki Parrott quartet, special guest Harry Allen をリリース。  

 

TNSジャズ・オーケストラ+堀内実智代

TNSジャズ・オーケストラ+堀内実智代 地元で活動を続け47年目を迎えるアマチュアビッグバンド。Swing JazzはもちろんRock、Funkから日本のメロディーまで幅広いジャンルで県内各地のイベントにお邪魔して演奏活動を行っている。2019年11月16日(土)にはサンテラスホールにて第36回の定期演奏会も予定している。今回は久しぶりに堀内実智代さんとの共演が実現。ビッグバンドをバックにした堀内さんのボーカルもお楽しみに。

堀内 実智代

長野市出身、上田市在住。ジャズベーシストの父親の影響を受け、幼少時よりジャズに親しむ。大学卒業後カナダへ留学。帰国後ライブ活動を開始。2010年第11回神戸ジャズヴォーカルクイーンコンテスト、及び第30回浅草ジャズコンテスト本選出場。2012年第7回さいたま新都心ジャズボーカルコンテストにて準グランプリを受賞。2018年には「ジャズワールド誌」第34回日本ジャズボーカル賞新人賞を受賞した。現在は地元、都内にてライブ活動を行う傍ら、ボーカルレッスン、英語レッスンも行っている。