無観客配信動画コンサート【Special】The flood feat.汐入規予

The flood feat.汐入規予よりお客様へ

2017年のサンテラスジャズフェスティバルをきっかけに集まったこのバンド。生まれも育ちもまさしくサンテラスホール。
翌年からゲストボーカルに汐入規予を迎え、攻めたインストゥルメンタルからしっとりとしたボーカルチューンまで、より多くのお客様に喜んでいただけるように幅を広げてまいりました。
 そして皆さまご存知の昨年からの感染症の流行。真っ先に「不要不急」と言われた舞台芸術、音楽分野。その末端に身を置く1人として色々なイベント、コンサートの中止のなどの嵐を浴びさまざまな思いを胸にしながら過ごしてまいりました。
 しかしその中で一番自分自身を励ましてくれたのも音楽でした。新しい形となる無観客コンサート、配信ライブ、形は変わりましたがミュージシャンとオーディエンスの想いは変わりません。それぞれがそれぞれの形で音楽を楽しみ芸術と触れ合っていけたら良いと思います。
 3曲と短い時間ですが、私たちとJS文化フォーラムさんの心のこもった合同作品をお楽しみいただけたら幸いです。

The flood feat.汐入規予 プロフィール

汐入 規予(Vo)

長野市出身。音大在学中から歌手活動を始め、シャンソンやジャズ・ポップス等マルチに歌い卒業と同時期にプロ活動をスタート。都内シャンソニエやライブハウス、イベントなど多数出演。
 2010年からは世界的ギタリスト吉田次郎氏と活動を行い2011年にはNYでレコーディングしたアルバム「たったひとりのあなたに」、そして2018年には「A sense of nostalgia」リリース。
また、ボイストレーナーとしても活躍中で、現在は美鈴楽器、アイミュージックスクール、ヨークカルチャーセンター、overtone音楽教室、で指導。
 2014年4月からはFM長野「汐入規予I’m with you」でパーソナリティを務める。
 2015プロ野球公式戦で国歌斉唱。
 音楽のジャンルにとらわれずに幅広く歌い、ピアノ、フルート、アコーディオンなども演奏し、弾き語りやアコーディオン演奏も交え、曲の持つ色彩感と歌詞を大切に独自の世界観で淡々と自然体に、かつ優しく美しく歌い上げるのが汐入のスタイル。

上野 悠(sax

長野県上田市出身、東海大学卒ヤマハ音楽院卒業。
サックスを吉永寿氏、クラリネットを故 内山洋氏、フルートを牧野正純氏に師事。
 2010年9月から2016年3月まで東京ディズニーランドバンドに所属しクラリネット、サックスを担当。
 現在はスインギー奥田&ザ・ブルースカイオーケストラ、ジャガーノートビッグバンドなどの様々なビッグバンドに参加。ミュージカル演奏、レコーディングなどの演奏活動も行っている。

湯本 真紀也 (tp)

小学校4年生からトランペットを始め、小中高吹奏楽でトランペットを学ぶ。東海大学在学時にジャズ研究会に入部しジャズに目覚める。 
大学4年時慶應義塾大学KMPNEWSOUND ORCHESTRAにて山野ビッグバンドジャズコンテストに出場する。
 現在、音楽家派遣事業やオンラインレッスンのマッチングサイトを展開する株式会社デリアートに勤務。

丸山 彰一(gt )

22歳より東京でプロギタリスト活動開始。エレクトリック、アコースティックを使い分けメロディアスなフレーズから高度なテクニックで自己を表現する演奏には定評がある。
 様々なアーティストのツアー・レコーディングに参加し共演。2004年FUJI ROCK FESTIVAL出演を果たし、現在も様々な分野に楽曲提供を行い自己の音楽追求のため、日夜進化し続けている。
音楽研究所「CirclemusicLaboratory」運営。
 後進の指導を目的とした「丸山彰一ギター教室」開講。
須坂市文化事業「堀直虎没後150年祭 記念公演舞台」【Straight Tiger ~直虎~】作曲楽曲提供、ギタリストで参加。

望月 慎一郎(pf)

1980年、静岡県生まれ。幼少から音楽に触れ、6歳で曲を書きはじめた。13歳の頃には海外でも自作曲を披露し、既に作曲は日常のものとなっていくなかでジャズに出会い、以降は独学で研究を重ねている。
 尊敬する宇宙飛行士らの影響を受けてエンジニアへの憧れもあった為、音楽大学ではなく工学部へ進学し周囲を驚愕させたが、在籍時は放射線管理区域で実験を繰り返す毎日を送りながらも音楽創作活動を継続しヤマハ講師グレードも取得、音楽研究を片時も忘れなかった。
 現在は長野県で半導体・電子部品等の開発技術者を生業としながら、欧州ジャズに近い演奏スタイルを取り入れ、独自の方法論を研究し自作曲の創作活動を精力的に続けている。
 2017年、ピアノトリオによる大作アルバム「Visionary」(SONG X 047) をリリース。2018年、橋爪亮督(sax)をフロントに向かえた「Another Vision」 (SONG X 054) をリリース。

鈴木 徳章(ba)

長野県 上田市出身。15歳よりエレキベースをはじめ、その後Rock,Jazz,Funk,Latinなど、ジャンルを問わずに活動。グルービーかつ独創的なスタイルで評価を得る。その活動は多岐にわたる。
 ヤマハエレキベース講師などを経て現在は6弦ベースをメインに、バンド”Blissed”,”The Flood”,”湯澤かよこ The OH! RAKA!”をはじめ様々なユニットで県内外、ジャンルを問わずに活動中。汐入規予、清水まなぶ、赤塩正樹(H2O)などのサポートもつとめる。2010フジロックフェスティバル出演。

山田 和矢(dr)

東京、長野、新潟を中心に、ドラマー、パーカッショニスト、中学、高校吹奏楽打楽器講師として活躍。
佐々木秀実、汐入規予、清水まなぶ等、多くの地元ボーカリストのサポートをしながら自身のスタジオ、オーバートーンや美鈴楽器、ヒオキ楽器、アイミュージックスクールで後進の指導にあたる。

The flood feat.汐入規予 演奏曲

The flood 【Trains】作曲 Mike Mainieri
ビブラフォン奏者のマイクマイニエリ作曲のナンバー。線路のようにどこまでも続くアコースティックギターのストロークに乗るシンプルなメロディが印象的です。
中盤にはトランペットとサックスの掛け合いのソロがフィーチャーされておりさらにエンディングにはエレキギターの伸びやかなソロが展開されます。
https://youtu.be/wKNnKJjGvf


The flood feat.汐入規予【海を見ていた午後】作詞作曲 荒井由実
ご存知荒井由実のナンバー。ニューヨークで活躍するギタリスト、吉田次郎さんが歌手汐入規予のために3拍子にアレンジしてくださったバージョンでお届けしました。汐入規予の繊細な歌声と望月慎一郎の美しいピアノ、空間を漂うようなギターの調和をお楽しみください。
https://youtu.be/Plk06nHzcS0


The flood feat.汐入規予【コーヒールンバ】作曲Jose Manzo Perroni 日本語詞 中沢清二
ベネズエラのホセ・マンソ・ペローニ作曲のナンバー。日本では西田佐知子が1960年代にヒットさせたことで知られています。
踊り出したくなるようなミディアムテンポのファンクのリズムにミステリアスな汐入規予のボーカルが乗ります。冒頭のドラムソロ、間奏のサックス、トランペット、ギターのソロもそれぞれ短いながらそれぞれの楽器の特徴を活かしたものとなっております。よろしければ一緒に歌って踊ってお楽しみください!
https://youtu.be/bedeLxc_fqU

撮影日:令和3年1月23日

無観客配信動画コンサート【Special】家族草子 いちばん新しい思い出

家族草子 いちばん新しい思い出

  • 原作・脚本 / 森 浩美
  • 出演 / 佐藤 貴也、斎藤 千晃、小林 あずさ、入澤 建、千代 將太
  • 音楽・ギター演奏 / 真辺 雄一郎
  • 演出 / 千代 將太

家族草子とは
本を手にしながら演技をするという、朗読と芝居を融合させたもので、更にギターやピアノの生演奏を加えた独自のエンターテイメントです。大掛かりなセットや装置も用いらず、舞台上にあるのは椅子のみ、演者はモノトーンに抑えたシンプルな衣装を着用。他の朗読とは異なり、座ったままではなく、芝居同様、舞台上を動き回ります。

続きを読む

無観客配信動画コンサート 【Special】 奥村 晶 Quintet

奥村 晶 Quintet より

 このたびは私達、「奥村晶Quintet」にお声かけ下さり、まことにありがとうございました。撮影当日、機材設営から撮影録音まで全てが東御市文化会館Js文化フォーラムのスタッフの皆様の手によるもので、私も朝会場入りした瞬間から会場を後にするまで、コロナ禍の中音楽をお届けしたいというスタッフの皆様の熱い想いを感じ続けていました。
 世の中先の見えない大変な状況が続いており、心の奥に不安や辛い思いを抱えていらっしゃる方もたくさん居られると思います。
音楽をはじめとした様々な文化活動は、生活の中で衣食住などに直接に関わる事ではありませんが、人の心をほぐし、希望、勇気、活力、夢、人とのつながり、等々、様々な心の栄養を補給してくれる物であると信じています。そして今のような困難な世の中にこそ、人間が前を向いて歩んで行くために、文化の灯は無くてはならないものであると考えます。
 今回このような機会を与えて下さった東御市文化会館Js文化フォーラムのスタッフの皆様へ感謝と敬意を表しますとともに、私自身、音楽家として、少しでも聴いて下さる皆様の心に届く演奏が出来るように今後とも精進して行きたいと思います。ありがとうございました。

続きを読む

無観客配信動画コンサート 上田高等学校吹奏楽班

『スピリティッド・アウェイ《千と千尋の神隠し》より』上田高等学校吹奏楽班

本年は高校吹奏楽の皆さんにとっても、受難の年でありました。様々な発表の場が無くなり、特に吹奏楽コンクールが行われなかった事は、吹奏楽の歴史の中でも特に重く、また記憶に残るものになってしまったかもしれません。 この「Js文化フォーラム音楽広場」では、コンクールという形式ではありませんが、希望される高校吹奏楽の皆さんに演奏頂き、この場に1ページを刻んで頂くことにしました。 その1番手として、上田高等学校吹奏楽班の皆さんに演奏頂きました。 残念ながら時期的な事から3年生の皆さんはご出演頂けませんでしたが、次を担う1・2年生の方々が素晴らしい演奏をしています。 是非お聞きいただければと思います。
上田高等学校は、長野県上田市にある県立高校で、江戸期上田城三の丸藩主居館でした。吹奏楽の歴史も古く、OB会も存在し(http://ueda26shousou.sakura.ne.jp/)演奏会等も開かれているようです。上田高等学校定期演奏会だけ見ても、昭和50年(1975)が第一回の定期演奏会です。
収録は2020年10月18日(日曜日)東御市文化会館です。(Js文化フォーラム)
上田高等学校吹奏楽部HP


上田高等学校吹奏楽班班長 さんより

発表の場が減ってしまった中、このような機会をいただき、班員一同すごく楽しみにしていました。お客さんのいないホールで演奏するのはいつもとは違い大変な部分もありましたが、とても貴重な経験になりました。目の前で演奏することはできませんが、ぜひ上田高校のサウンドをお楽しみください。
(2年コントラバス担当:上田高校吹奏楽班班長)

上田高等学校吹奏楽班副顧問 宮下靖弘先生より

音楽系クラブにとって、一つ一つの音楽会はその時に所属している生徒達の大切な発表の場であり、目標、経験、成長の場となります。しかしコロナ禍の中で、演奏の機会を作るためにはこれまでとは違う方法で発表、発信していくことを考えなければならない状況になり、私達はその方法を模索していた所でした。
今回の私達の演奏は、1,2年生の新体制になってからの初舞台でした。このような素晴らしい環境の中で演奏させていただけたこと、そしてその動画を配信していただけることを本当に嬉しく思っています。動画での演奏は「まだまだ新体制」という言葉が拭えない部分も多々ありますが、本番に向けて毎日の活動の軸にしながら練習することができました。サンテラスホールで演奏できたこの経験を基に、これから良いバンドに成長していくことができると信じています。
貴重な機会をいただき、ありがとうございました。今後とも上田高校吹奏楽班を応援いただきますよう、よろしくお願いいたします。
(指揮:上田高校吹奏楽班副顧問 宮下靖弘)
続きを読む

長野興農株式会社 presents ロビーコンサート 無観客配信動画コンサート トリオ・ゾンネ 

トリオ・ゾンネより

私たちトリオ・ゾンネは中学校、高校の先輩後輩関係という縁で結成しました。ゾンネはドイツ語で「太陽」という意味で「太陽のように明るいトリオ」というイメージで命名しました。その名の通り練習でも本番でも笑いが絶えず、いつも楽しく演奏しています。
 コロナ禍で大変な一年でしたが、改めて音楽で人とつながることが出来る素晴らしさを感じる一年でもありました。まだもう少し大変な状況は続くかもしれませんが、私たち音楽家も希望を持ち続けて、皆様にエネルギーを伝えられるようにこれからも精進していきたいと思います。
 また、撮影の現場では普段のクラシックコンサートではお目にかかれないマイクやたくさんのカメラを用意して頂き、特別な緊張感がありました。サンテラスホールの皆様の的確なアドヴァイス、音響、照明、メイクなどの映像・舞台づくりの技術やアイディアに「こんなことが出来るんだ!」と感激しました。このような機会を提供してくださったすべての皆様に感謝申し上げます。

続きを読む

株式会社協立商会presentsピアノのゆふべ 無観客配信動画コンサート ピアノデュオ「Le Risa」

Le Risaよりのメッセージ

今回は演奏の機会を頂きましてありがとうございます。これまでに撮影されたアーティストの方々の演奏をいつも楽しみに見させて頂き、「音楽っていいな!素晴らしい企画だな」とパワーと刺激を頂いておりました。私たち2人は大学で出会い、2012年にLe Risaを結成しました。来年は結成10周年の節目となりますが、実は2台ピアノの演奏は今回が初めての挑戦でした。いつか取り組みたいと思っていた中、大変有難い機会を頂戴しましたこと、心より感謝申し上げます。
 このコロナ禍で、誰もが当たり前だったことが当たり前ではないと気付かされたように思います。一緒に練習できること、演奏できること、お客様が聴いてくださること、今日も平和で元気に生きられること、全てに感謝しなければと改めて考えさせられました。まだまだコロナ禍は続きそうですが、またいつの日か日常が戻った時に元気にステージに立てるよう、今できることを2人で見つけながら頑張っていきたいと思います。。
続きを読む

無観客配信動画コンサート【Special】WINE QUARTET

WINE QUARTETより

【今井美樹コメント】
 自分の「居る場所」を再確認したこの1年あまり。辛いことだけでなく、大切な人との絆も、新しいい出会いもいただきました。遠くにいても、会えなくても、思いは繋がります。今、すぐに会えない皆さんへこの動画と音が私の思いを届けてくれるように、しっかり託して演奏しました!またお会いできる日まで・・・。

【藤枝貴子コメント】
 2020年、突如見舞われたコロナ禍で、不安ややるせなさに飲み込まれそうになりながらも、そこから救い出してくれるものはやはり音楽と、一緒に音を紡いでくれる仲間たちの存在でした。配信というカタチで音楽を届けることが急加速で定まったことも、これまでは距離や時間の問題で直接演奏に触れる機会を断念していた方にとって嬉しいシステムだと思いますし、私たちも、画面の向こうに世界がある!という正にドラえもんの「どこでもドア!」のような壮大なステージを踏むことが叶ったと思っています。コロナは、まだ混乱の最中ではあるけれど、これほどのショックから得るものにフォーカスし、感じ学んだことを音楽で伝えていきたいという想いを新たに感じさせてもらえました。ありがとうございました!

【渡辺大輔コメント】
 コロナの影響は、それはそれはたくさん受けました。中でも「音楽を誰にも聴いてもらえない」ということ自体が、減収より何より強烈な心理ダメージでした。
 今回は、演奏家も視聴者も同じ類いのダメージなら、と仮定しまして、カメラの向こうに「音楽に飢えているお客様」が大勢いるつもりで、思い切り演奏しました。・・とはいえ、せっかくおうちのパソコンでのんびり聴ける機会ですから、お気軽にお楽しみください。

【稗田隼人コメント】
 コロナ禍になって、辛いニュースばかりでした。音楽関係者に限らず、沢山の人が大変な状況になっている中、一人家に居てできることといえば、楽器を弾くこと、そして作曲をすることだけ。他にやることが無いといえばその通りですが、やはりその中で気付いたことといえば文化芸術というものが、人の心を豊かにしてくれるということでした。単純作業のお仕事であっても、それも社会にとっては必要不可欠なもので、尊いもの。人々が生活するために必要な仕事は様々です。食べ物はエネルギー補給のために必要ですが、文化芸術は心の燃料チャージをしてくれるもの。エッセンシャルワークと同じくらいに、音楽は生活に必要なものなのだなあと、改めて気付かされたのでした。
 今回、東御市で無観客コンサートに出演させていただいて、自分は、美しい音楽を人々の心に届け、また芸術の文化水準を他の音楽家の方々とともに高めていくことを目指す音楽家の一員なのだなと、このコロナ禍の中で思い出させてくれる貴重な体験になりました。

続きを読む

長野興農株式会社 presents ロビーコンサート 無観客配信動画コンサート パーカッション・トリオ【ブルートーン】

パーカッション・トリオ【ブルートーン】よりメッセージ

この度は、パーカッション・トリオ【ブルートーン】を、この配信ライブのステージに立たせてくださったことに深く感謝申し上げます。
 新型コロナウイルス感染拡大が始まって演奏会が全くできなかった頃、音楽家としての役割を果たせぬことで絶望感を味わいましたし、目の前のお客様に喜んでいただけることがどれほどの喜びであるか、思い知った2020年であったと思います。最近では少人数のお客様の前で演奏できる機会を得られるようになってきましたが、まだまだ以前と同じようにコンサートを開くことができない状況が続きそうです。
 しかし、動画配信や無観客ライブ等、新たな活動の方法を模索することもできました。そんな中このJS文化フォーラムの企画は、ホールで行うことで臨場感が抜群にありますし、素晴らしいスタッフと機材により音質や画質がとても美しいことが過去の配信からわかっておりましたので、演者としましてはかなり幸せな状態で収録することができました。
 また、和太鼓を使用するにあたり、地元太鼓集団から締太鼓をお借りしたり、ホールの貴重な長胴太鼓を出していただく等、特殊な環境を整えていただき、おかげでストレス無く演奏に臨むことができました。
 災害時の直後は常に、音楽家の無力さを痛感します。しかしやがて音楽並びに他の芸術が人々の生活にとって必要不可欠な存在であることが認知されていきます。
 この配信ライブが、少しでも皆様に楽しんでいただけるのであれば幸いです。

【荻原松美さんより】
 この【ブルートーン】の結成は、約6年前。私としては、尊敬できるピカイチのプレーヤーと一緒に演奏し、自分の技術も高めていけるユニットを作りたいという想いが以前からありました。木次谷さんのマリンバ、服部さんのパーカッションやビブラフォンの演奏には、打楽器の世界を一つ上に「押し上げた」というインパクトを受けておりましたので、お二人に声をかけさせていただき、結成となりました。
 今回の配信でも、その一面を感じていただけるのではないかと思います。これをきっかけにお見知りおきいただけたら幸いです。

続きを読む

長野興農株式会社 presents ロビーコンサート 無観客配信動画コンサート サンテラス弦楽四重奏団

サンテラス弦楽四重奏団より

2020年5月6日に発令された「緊急事態宣言」以来、音楽を生業としている私たちにとってとても辛い日々が続きました。リモートでの演奏やレッスンを何度となく試みるものの想像している音楽感とはかけ離れている現実を受け入れての半年間でした。そんなある日「無観客ライブ」のお話を頂戴してここサンテラスホールで実現しました。久しぶりにメンバーで演奏できました事、この上ない嬉しい思いと有難い気持ちでいっぱいです。

続きを読む

長野興農株式会社 presents ロビーコンサート 無観客配信動画コンサート KOH―ブルース ハープ With 荒木 怜―ドラム


写真左から ドラム:荒木 怜 ブルースハープ:KOH ギター:Tommy

無観客配信動画コンサートをやってみての感想

今年はコロナウィルスの感染拡大により、人前で演奏する機会が少なくなり、残念に思っていましたが、このような機会をくださり、ありがとうございます。
無観客とはいえ、たくさんのスタッフさんと一緒になっていいものが創れたと思います。
たった3曲でしたが、とっても!とっても!!とっても!!!楽しい時間を過ごすことができました。
本当にありがとうございました!!(KOH)
続きを読む